学校の特長

基礎教育力

初心者も安心して挑戦できるから自信を持ってスタート。

新入学生が安心して通常カリキュラムの授業を受けられるよう、また自信を持って2年間の学生生活をスタートできるよう、入学直後に「デッサン力」「色彩力」「まんが基礎力(まんが科対象)」に関する基礎的な技術や知識を学びます。未経験者も画力に自信のある人も、基本から身につけることで、土台となる基礎力をしっかりと育みます。

入学後1ヶ月集中トレーニング
2年間の基本となる「デッサン力」「色彩力」「まんが基礎力(まんが科対象)」を入学後の1ヶ月間、集中して学び、基礎力を身につけていきます。

デッサン力

すべての基本はデッサン力。しっかり習得していきます。

対象を観察する目を養いながら、構図を決め、形態・質感・奥行きなどを正確に表現するデッサン力を身につけます。

直方体(レンガブロック)

デッサンに初挑戦する人も安心して授業に取り組めるよう、鉛筆の削り方から、光と影の見方・形態の捉え方を説明することから始めます。テーマは立体表現。モチーフはレンガブロックなど。

円柱

正確に形を捉えることをテーマに、円のパース(遠近法)、曲面のロゴの歪み方などを理解し、形態を正確に表現するポイントを学習します。

ビー玉を持った手

テーマは立体・質感表現で、ビー玉を持った手を描きます。手の動きや骨格・質感・陰影の描き方など、デッサンの総合的表現力の向上をめざします。

色彩力

配色、道具の使い方などを学びます。

アクリルガッシュを使って、配色の知識と絵具の溶き方・混ぜ方、筆・溝引きの使い方などを基礎から学習します。

平面構成Ⅰ〈幾何構成〉

水張りという、ケント紙を木製パネルに張る方法から指導します。
複数の幾何図形を構成要素とした平面構成をします。画面を構成する際のバランスのポイントや、ベタ塗り表現の方法、美しい配色などを指導します。

平面構成Ⅱ〈モチーフ構成〉

モチーフの鉛筆と野菜or果物を使って平面構成をします。テーマはモチーフを観察し特徴を発見することと、描写をして、画面構成をすることです。アクリルガッシュを使い、さまざまな表現も学習していきます。

まんが基礎力(まんが科対象)

ペンやコピックの使い方、漫画の基礎を学びます。

まんが基礎技法として漫画用のペンやインクの種類・使い方を基本から学びます。
キャラクターデザインや作画、ストーリーのつくり方も学習。コピックマーカーでカラーイラストも制作します。

ストーリーメイキング・ネーム基礎

テーマに沿って、漫画の基本である「ネーム」を制作。ストーリーづくり、コマ割りの経験のない学生も初歩から漫画を創作していきます。

ペン基礎技法・フリーハンド

「カケアミ」を使い物体の陰影を表現。
初めて漫画を描く学生も漫画の線を習得する第一歩になります。

ペン基礎技法・直線

キャラクターを描いたコマに「集中線」を描き込みます。また表情に合ったセリフを考えることで、キャラクターづくりの練習にもなります。

キャラクター作画基礎

自分で考えたキャラクターの顔をいろいろなアングルで描いてペン入れします。

コピックイラスト

自由にキャラクターのイラストを描き、コピックマーカーで着彩。カラーの表紙絵を描くトレーニングです。